忍者ブログ

立体駐車場管理人の考えごと

偶然受けた立体駐車場管理人のパートに採用になった僕 駐車場での出来事と感じたことを気ままにお伝え

2017年10月24日 火曜日 14時47分42秒
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年05月23日 木曜日 09時52分33秒

先日、自分は障害者だということを盾にして悪態をついたお客さんがいたようです。満車なので提携の駐車場へ案内をしたところ「障害者に歩かせるのか!」と怒鳴ったとのこと。

それを聞いて、以前居た現場でも似たようなことが一度あったことを思い出しました。あっ、そういえば2011.03.11の震災後に、自分は被災者だからということを盾にしていた人もいましたね。

まあ、それはさておき、以前いた現場で起こったときなんですが、詳細についてここに載せようと思い、記事の入力まで完了させながら、投稿まではしなかったんですよね。なぜかというと、その人の性格というか生き方は多分一生変わらないだろうから、こちらがそんな弱い人、ちっぽけな人のことを気にする必要はないと思ったからです。たぶん『弱い』とか『ちっぽけ』とか言うと「差別的発言だ!」とか騒ぐんだろうな~。

そんな人に対して「じゃ、障害が有ろうと無かろうと同じお客さんなのだから同じように接しますね。♡」なんて言うと「ふざけるな、責任者を呼べ」とか「会社に連絡する」とか言うんですが、実際に会社へ連絡したことはなかったりするんですよね。(^^;

話が逸れました。投稿しなかったもう一つの理由は、一応気を使ったんですよ、障害者といっても、そんな悪態をつく人ばかりじゃないと思いましたから。

でもですね、そんな気使いは不要だったのかな?なんて今になって(先日の件を聞いて)思うようになりました。「実際にそんな人間もいるんですよ!」ということを世間に知ってもらった方が良いのかなと。

で、こんな人に対する接客というか対応は、たぶん世間の普通の人ならわかっているとは思いますが、もう相手にしないと言いますか、軽くあしらうのが一番ですね。相手にするだけ時間の無駄ですよ、本当に。お客さんは、この人ひとりじゃありませんからね。

それと、何を言われようと気にしないことです!(・∀・)b ポイント

でも一つだけ気になることがあるんですよね、それは子供。こう人に限って子供がいるんですよ。で、子供がいる前で悪態をつく、これがとっても不憫に感じてしまう僕だったりします。本当に可哀想です、子供が。こうして、「この親にしてこの子あり」というような人間がまた一人・・・。(´・ω・`)

で、いきなりとっても極論なんですが、障害者福祉なるものって要らないんじゃなのかなと。だって、最大の福祉は今こうして生活できることだと思いますから。

国防が最大の福祉、全くその通りだと思います。

勤務 遅番 今年の5月は寒い


忘れている

最近の僕は、感謝する気持ちが少し薄くなってきているような気がします。今こうして生活することが出来ていることに感謝をしないといけませんな。

PR
< 古い記事  ホーム  新しい記事 >
コメント入力欄
名前
タイトル
メール
URL
文字色
コメント
パスワード 
< 古い記事  ホーム  新しい記事 >
プロフィール
僕です
名前:tookitio
性別:男性
職業:立体駐車場の管理人
趣味:自動車ウォッチング
HP:pat*pat
スポンサード リンク
ブログ内検索

このページの先頭へ

忍者ブログ [PR]

給料日前 金欠 ロト6予想 自動車保険インターネット割引 秋田のホームページ制作
© 2006-2017 立体駐車場管理人の考えごと Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP / Revised the tag by tookitio