忍者ブログ

立体駐車場管理人の考えごと

偶然受けた立体駐車場管理人のパートに採用になった僕 駐車場での出来事と感じたことを気ままにお伝え

2017年06月22日 木曜日 21時00分46秒
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年04月14日 木曜日 14時08分25秒

この仕事を始めた当初から残っている駐車場の人間は、最年長のおじさんと僕の2人。昨日、僕は早番でそのおじさんは遅番。

引継ぎ時に山(山菜)の情報などをやりとりしているのですが、昨日おじさんから「ちょっと疲れた。もう冬は越せないかもしれない。」という、珍しく弱気な言葉が出て来た。

最初はどういう意味なのかよく分からなかったけど、ふと「もしかして辞めるってことですか?」と聞いたところ、そうするつもりとのこと。

この1年くらいで、見て分かるくらい急に老け込んだので(失礼(^^ゞ)、体の具合がよろしくないのかなと思っていたけど、自らそのような類の話をするとは...。

とりあえずタイミングというか機会を見ているらしい。

となると、はじめから残っている人間は僕一人ということになるのか、...。

勤務 遅番 今月は毎日ノートに書いていた日記をサボっています、意識的に。


お手伝い

結局、例のお手伝いをやる事になりました。

本当は一度断ったのですが、「人が足りなくてなんとか...。」と言われたので、引き受けることに。

まあ、何事も経験というか、ちょっと変化が欲しかったという理由もあります。

PR
< 古い記事  ホーム  新しい記事 >
コメント入力欄
名前
タイトル
メール
URL
文字色
コメント
パスワード 
< 古い記事  ホーム  新しい記事 >
プロフィール
僕です
名前:tookitio
性別:男性
職業:立体駐車場の管理人
趣味:自動車ウォッチング
HP:pat*pat
スポンサード リンク
ブログ内検索

このページの先頭へ

忍者ブログ [PR]

給料日前 金欠 ロト6予想 自動車保険インターネット割引 秋田のホームページ制作
© 2006-2017 立体駐車場管理人の考えごと Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP / Revised the tag by tookitio