忍者ブログ

立体駐車場管理人の考えごと

偶然受けた立体駐車場管理人のパートに採用になった僕 駐車場での出来事と感じたことを気ままにお伝え

2017年06月28日 水曜日 17時45分51秒
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年10月06日 火曜日 11時56分36秒

芸術家というと、普通の人とは考え方(モノのとらえ方)がちょっと違うという印象がある。

例えば中学の時の先生は女性だったのですが、とても明快で分かりやすく、いわゆる『竹を割ったような性格』の人たっだ。

その割には頭がとても柔軟なのか、生徒が自分の考え方をうまく説明できない事でも、本当に伝えたい『核となる部分』を瞬時に把握し、代わりに説明をしてくれる人だった。

あんな女性は滅多にいないし、男性でもなかなかお目にかかれることはない(と思う)。

高校の時の先生は、かなりの偏屈(オヤジ)で、初めてこの先生から授業を受けたときのことは今でも覚えている。

その先生、開口一番「私は、日本人の中で2番目に絵がうまい!」と言い切った。

もちろんこれにはちゃんとした根拠があるんだけど、当時の僕にはとても理解できない事だった。

でも社会に出てから、この先生が言った『ことの凄さ』が分かった。

なぜ『凄い』かというと、普通の人には真似ができないことだから。

以下、話しの続き。

「私は、学生時代の○○才(忘れた)の時から28年間(だと思う)、毎日絵を描いてきた。どんなことがあっても、一日一枚、一度も欠くことなく絵を描いてきた。ちなみに日本で一番の人は、39年間(だと思う)毎日絵を描いている。私が知っている絵描きの中で最長の人だ。その次が私だ。」

この先生や、39年間描いている人(もしかして先生の恩師?)が、本当に絵が上手いかどうかは、僕には分からない。

でも、これだけ長い年数に渡って一つのことを続けているというのは、とんでもないくらいに凄いことだと思う。

で、『ことの凄さ』を理解できたのは、30を過ぎてから。

ウーン、ちょっと遅すぎたかもしれないけれど、何か一つそういうモノを持ちたいなと思った。

いや持とう!

勤務 昨日は遅番 今日はお休み
どっちに投稿しようか迷ったけど、こっちにした。

きっと、あの先生なら今でも絵を描いているんじゃないかなと思う。

生きていたらの話しだけど。(たぶん生きているw)

ちなみにこのネタは、だいぶ前に『ウェブ時代をゆく』を読んだときに思い出したものだったりする。(メモに書いてあった)

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶかウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか

金田一温泉 緑風荘

全焼したのが信じられない。

緑風荘に宿泊してから、3年か~。

早いな。

PR
< 古い記事  ホーム  新しい記事 >
コメント入力欄
名前
タイトル
メール
URL
文字色
コメント
パスワード 
< 古い記事  ホーム  新しい記事 >
プロフィール
僕です
名前:tookitio
性別:男性
職業:立体駐車場の管理人
趣味:自動車ウォッチング
HP:pat*pat
スポンサード リンク
ブログ内検索

このページの先頭へ

忍者ブログ [PR]

給料日前 金欠 ロト6予想 自動車保険インターネット割引 秋田のホームページ制作
© 2006-2017 立体駐車場管理人の考えごと Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP / Revised the tag by tookitio