忍者ブログ

立体駐車場管理人の考えごと

偶然受けた立体駐車場管理人のパートに採用になった僕 駐車場での出来事と感じたことを気ままにお伝え

2017年10月21日 土曜日 21時06分39秒
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008年02月10日 日曜日 22時01分29秒

連休の中日だったけれども、期待していたよりもお客さんは少なかった。でも思わず笑ってしまったことと、嫌な感じなことがあった。

まずは思わず笑ってしまったことから。比較的若いカップル(20代前半)がやって来た。運転していたのは女性の人だった。


つづきはこちら

助手席に乗っていた男性が車から降りて、後部座席から荷物を取り出そうとドアを開けた瞬間に、女性が車を動かしてしまった。

「痛い」と言ってその場に倒れ込んでしまった男性。どうやら足を轢かれてしまったらしい。ちょうど足首の辺りをひねられたような感じになった様子。

すぐに、運転していた女性が駆け付けた。それでも起き上がって来なかったので、心配になって見に行ったら、とても痛そうにしている。まあ車に轢かれたんだから、痛くて当然かも。

その後、なんとか立ち上がって、片足で飛び跳ねてベンチに向かった。そこで足首をくるくる回して、「大丈夫です」と言っていた。うーん、良かった。なかなか立ち上がらなかったので、骨折でもしたのかと思ってしまった。

なんとか歩いて館内へ入って行った。で、その通路で女性に笑われていた(^^;。もしかして狙っていたのかも、なんて、そんなことはないだろう。

もう一人は嫌な感じお客さん。乗ってきた車がデカい外車だったので入庫できなかった。なので「80mくらい先にあります○○駐車場です。」と、おじさんが提携の駐車場を案内をしたところ、そのお客さん「そんなに歩くの?」だってさ。

一瞬耳を疑った。ちなみに60歳前後の人で都内のナンバーだった。そんなに遠くから車で来ておいて、たった80mを歩くのが嫌なんて、どういう神経しているんですかね?

いろいろ考えたけど、未だに僕には理解できない(-_-)。もしかしたら、考えるだけ無駄だったかも。

勤務 お助け番 休日は変な変なお客さんに遭遇する確率が高い

PR
< 古い記事  ホーム  新しい記事 >
コメント入力欄
名前
タイトル
メール
URL
文字色
コメント
パスワード 
< 古い記事  ホーム  新しい記事 >
プロフィール
僕です
名前:tookitio
性別:男性
職業:立体駐車場の管理人
趣味:自動車ウォッチング
HP:pat*pat
スポンサード リンク
ブログ内検索

このページの先頭へ

忍者ブログ [PR]

給料日前 金欠 ロト6予想 自動車保険インターネット割引 秋田のホームページ制作
© 2006-2017 立体駐車場管理人の考えごと Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP / Revised the tag by tookitio